グリルとオーブンってどう違う?ワンランク上の料理知識

使い分けをする

料理をするときに非常に便利なグリルとオーブン、お肉などはオーブンに野菜と一緒に入れておけば、野菜もお肉も一緒に調理できますし、グリルとオーブンを使いこなすことは料理上手になれる秘訣ともいわれます。
でも皆さん、グリルとオーブンの違い、これは理解されているでしょうか。

この違いを理解すると、おいしい料理を調理出来るようになります。
どんな料理の時グリル、オーブンを利用すればいいのか、使い分けを知っておくと、料理上手な奥様になれます。

グリルってなんだろう?

グリ ルの特徴は、上下から熱を入れることができるということです。
直火、もしくは電気で上下加熱できるというものですが、上下から熱を与えることができるので、中までしっかり火を通すことができます。

一般家庭のコンロの多くに、グリルがあると思いますが、上下しっかり焼いてくれるので、時短になりますし、ふっくらこんがりおいしい焼き物が作れます。

オーブンとは何か

オーブンは鶏の丸焼きなど、中まできちんと火を通す必要がある調理に向いています。
グリルは上下の直火で表面をしっかり焼くということに適していますが、火が通りにくい、という特徴があります。

でもオーブンは表面だけに熱が加わるのではなく、じっくり中まで火が通るので、大きい食材や厚みのある食材、またハンバーグを一旦グリルで焼いて焦げ目をつけて、その後オーブンを利用し中までしっかり火を通す際に等に利用されます。

どんな料理ができる?

グリルは魚を焼いたり、こんがり焼いた温野菜を作ったり、一気に火を通す方がおいしいピザなどに向いています。
グラタンなどもチーズに焦げ目がついて美味しそうに仕上がります。

オーブンはじっくり火を通すという特徴がありますので、クッキーやスポンジケーキなど温度を一定にして焼く必要があるもの、じっくりと火を通す必要があるローストビーフなどにも利用されます。

グラタンなどを作り置きしている場合、一旦電子レンジで内部をしっかり温めてから、グリルでしっかり焦げ目を出すとおいしく仕上がります。