自動車保険の見直しで上手に節約

費用がかかりすぎる?

日本全体の経済状態が悪い時、車の任意保険を解約したり、車両保険分を辞めてしまうなど少しでも保険料を減らそうと考えた方が多かったと聞きます。
保険というのは万が一の際に利用するもので、何もなければ払っているだけという認識になります。

でも、払っていなければ万が一の際、何の保証もありません。
車社会となっている日本で、交通事故を起こさない、交通事故に合わないという保障はどこにもなく、もしもの時のためにみなさん自動車保険をかけています。

ただ自動車保険も掛け方によっては毎月大きく支払う必要があるので、家計に響く費用ともいえます。
では、自動車保険を見直しうまく節約していくためにはどんなことが必要になるのでしょうか。

自動車保険の見直しポイント・搭乗者傷害保険

自動車保険を見直す際には、同乗者補償、車両保障、その他オプション、そして運転者の条件などを確認します。
一般的に人身傷害保険がセットされている自動車保険であれば、約款に基づいて算定されます。

では搭乗者傷害保険が必要かどうかというと、人身傷害保険がセットされている物なら、事故の怪我などは入院や通院、後遺障害など決めら獲た保険会社の約款に沿って保険が支払われることになるので、搭乗者傷害保険はセットしなくてもいいという感が肩もあります。

自分の車への補償は?

車両保険は自動車保険の中でも保険金額が高くなるので着けない、という方も少なくありません。
車両保険には一般型、エコノミー型などの種類があります。

一般型は自損事故でも当て逃げでも保障される保険で、エコノミーよりも保険料が高いという特徴があります。

エコノミーは当て逃げ、自損事故で保障がありません。
運転が苦手という人が自損事故を起こしたという場合、エコノミーの場合、実費で修理する事になります。

事故の相手の車だけ保障できればいいという事なら、エコノミーで十分です。
また車両保険をもっと安くしたいという時には、修理費用を自己負担する金額として免責金額の設定を行うと保険料が安くなります。

オプションと運転者条件

自動車保険にはオプションがついていることがあります。
例えば車に積んであるものについての損害や個人賠償を補償するという特約です。

こうした特約は毎日運転される方、車を利用される機会が多いという方は利用しておく方がいいのですが、ちょっと確認してほしいことがあります。

こうした個人賠償責任の補償に関しては旅行保険等で附帯されていることがあるので、二重にかける必要はありません。
この場合、特約は必要ないので保険料を下げることができます。

運転者条件を付ける事でも、保険料を下げられます。
運転者の年齢を30歳以上など限定する、また自分しか乗らない車という事なら本人限定にすることで保険料を下げることが可能です。